南島原歴史遺産

¥ 540 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料200円が掛かります。

再入荷についてお問い合わせをする
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

南島原歴史遺産

南島原の「歴史遺産」候補3史跡(原城跡・日野江城跡・吉利支丹墓碑)を中心に
南島原のキリシタン史跡にスポットを当てたガイドブック

南島原の「世界遺産」候補3史跡 
         キリシタン史の光と影を見る

  ◆年表 長崎県のキリシタン史
特集Ⅰ 戦国期の日野江城と原城 
    有馬一族の盛衰をたどる
  第1章 キリシタン大名 有馬晴信の誕生
  第2章 西洋に伝えられたふたつの城
  第3章 日野江城にみる有馬氏の権力
  第4章 原城本丸が語る近世の築城技術

特集Ⅱ 天正遣欧使節を育んだ 
    キリシタン王国の文化遺産
  第1章 有馬セミナリヨから4少年がローマへ
  第2章 墓碑が語るキリシタン文化
  ◆島原半島のキリシタン墓碑を巡る
  第3章 天正遣欧使節がもたらした「西洋」

特集Ⅲ キリシタン禁教の時代へ 
    幕府が恐れた西洋 島原・天草の乱
  第1章 晴信の失脚とキリシタン弾圧
  第2章 決起した島原・天草の領民たち
  第3章 明暗分かれた指導者 その横顔
  第4章 原城発掘 よみがえる乱の真相

◇企画 南島原市
■A5判 
■35ページ フルカラー 
■並製
■ISBN 978-4-88851-145-2

出版:長崎文献社